「スキムボード」 波の見方・アプローチからチューブライディングまでの流れ

「スキムボード」波の見方とアプローチとは

スキムボードをする上で、重要な「波の見方・アプローチ」ですが、これが上手く出来るかできないかによって、波に合わせたライディングができるか否か、大きく影響するでしょう。

得意な波でしかターンしかできない人は、「波へのアプローチ」の方法を一種類しか持っておらず、すべてのアプローチ方法を、すべて一緒の視点で持っているといえます。

これは、言い換えると「その波でしかターンができない」ということになります。

みんな大好きチューブライディングも

この「波の見方とアプローチ」をマスターすることによって、チューブが存在する、すべての波においてチューブライディング(チューブをかぶる等)が可能になります。

つまり、どんな波でも自分の好きなようにスキムボードをコントロールできるという事です。

チューブライディングはもちろんのこと、トリックを入れる余力、アップスーンダウンで繋ぐ余力、手を挙げてアピールする余力も生まれます。

では一体どのようなアプローチ方法なのか?

IMG_1333;lっkjc

波のパワーポイントを利用する

この画像の波を見た第一感として(青〇のポイントでターンすることが前提)

  1. レギュラー方向に走り抜ける
  2. バックサイド方向にダウンザライナー

このどちらも可能な波であることが分かります。

バックサイド方向(右側)で解説した理由

スキムボードは、ターンをして浜まで乗り継いで浜まで帰ってくることが前提です。これを考慮したうえで波を見ます。

レギュラー方向(左方向)の波

波が崩れそうなポイントでパワーがあるが、浜まで戻ってくる前に崩れてしまいそうです。波にのった瞬間に、自分が走り抜ける方向の波が崩れてしまうことが予想できます。

バックサイド方向(右側)の波

波が崩れそうなポイントでパワーがあるが、右側はそうでもない。つまり波にのったあとに走り抜ける方向の波が、徐々に崩れてくるタイミングでパワーを感じながら波にのることができます。この場合であれば、浜まで帰ってくることができます。

もっと注目して波を観察する

DSC_2538-1024x683ljxhcjvkb

①波に到達する前に態勢をつくる

これについては、こちらで説明しています

一瞬で態勢を作れる場合は必要ありません

「ターン」をする上で重要なコツ。具体的に解説して停滞期を乗り越える

②パワーを感じることができる場所でレールをいれる

ターンをする場合、レールを入れ始めるのは赤いゾーンになります。これは、すべての波に存在している一番初めにパワーを感じるポイントです。

これを意識せずに、レールを入れる動作を行うと、波が浜に押し寄せるスピード自分がレールを入れるタイミングが噛み合いません。

この角度や深さによって、ターンの種類が決まります

※あくまでも例です

組み合わせによって、無限にアプローチ方法が生まれる

早くレール入れる場合早くターンできる・うねりの段階でパワーを利用

(ブレイクが速い波に使う・うねりから乗る必要がある波に使う)

遅くレール入れる場合スピードが減速した場合でもターンできる・ターンを終えるタイミングの調整

(早く波に到達してしまった場合の波・減速してしまった場合)

浅くレールを入れる場合波全体を使いながらターン

(波のパワーポイントが広い場合に使う)

深くレールを入れる場合波をえぐり込むターン

(ブレイクが速く、分厚い波に使う)

参考動画(大きい波)

レールを入れ始めるタイミング(初動)に注目してみてください。
波によって、ターンの種類によって、レールを入れ始めるタイミングが大きくかわってきます。

参考動画(小さい・うねりからのレールワーク)

レールを入れ始めるタイミング(初動)に注目してみてください
波によって、ターンの種類によって、レールを入れ始めるタイミングが大きくかわってきます。

全体的な波の特徴として、うねりからのターンすることが必要とされる波質であることが伺えます。結果として、「レールを早くいれはじめて、ターンは鈍角(緩やかな角度)に行う」必要があります。

反対に、「レールを遅く入れ始めて、ターンを鋭角に行う」と波に置いて行かれる傾向にあることが見て取れます。

また後述する項目についても、意識してみてみると良いでしょう

ターンからのチューブまでの流れ

IMdfgbっっf

ターンからレギュラー方向へチューブに入る動作の流れとして、上手くいかない人の特徴

  • アプローチが適切ではなく、間に合っていない場合
  • 板が真横に向けようとしている場合

ターンをした後に、すぐにチューブに入ろうとする気持ちは分かりますが、実際には「チューブがあるから入る」のほうが正しい場合が多いです。

無理やりチューブに入ろうとすると、肝心のレールが抜けてしまうことが殆どです。

なかなかチューブに入れない人は

ターンした後に、チューブができそうなポイントで留まることを意識しましょう。

最後に(まとめ)

波へのアプローチ方法は、前提として波が見れる場合に限ります。

波をよく観察し、わからなければ自分のライディングの動画を見ることで見えてくることもあるでしょう。

また、安定してターンできなければチューブやトリックをすることは、とても難しいです。

加えて、大会などでよく見る、無理やりチューブに入る動作は、とてもダサい場合が多い印象を受けます。

しっかりとしたレールワークを習得し、意図した通りに波をコントロールすることを目指してほしいと切に願います。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。