「スキムボード」 ターンができない人の決定的な弱点とは?上級者まで一直線

スキムボードのターンについて

スキムボードをするにあたって、一番初めの目標地点である「ターン」をできずに、日々練習に励んでいるが、なかなか上達しない人のための記事です。

「ターン」がなかなか出来ない自分は才能がない「ターン」ができることがあるが精度が著しく悪い「ターン」ができるけど格好悪い

数多くの人が、経験する悩みですが実際に海で見ていると、勿体ないと感じる場面が多く見受けられます。

スキムボードにおける「ターン」のやり方を、言葉で説明するの中々難しい部分があるので、文字にしてどんどん公開していきます。

スピードランから練習は正しいのか?

結論からいうと、間違っています

「ターン」をする上で、必要なフォームを学ぶことができるのがスピードランですが、一概に「ターン」ができるようになる練習方法ではないというのが私の考えです。

※人によってターンの考え方、やり方は無限にありますが、あくまでも私自身の考えです。例外も多く存在します

勘違いポイントである理由その1

スピードランをする上で必要な「フォーム」は、似ている部分が多くあるのは間違いありません。

ですが、 「ターン」に重要なレールを入れ込むタイミングが学べない点です。

スピードランにはスピードランのタイミングがあり、ターンにはターンのタイミングがあります。

どう考えても、スピードランを練習しただけで、「ターン」をする際の波にレールを入れ込むタイミングがわかるはずがありません。

スピードランの特徴

  • 波がないところで、レールを入れる
  • レールを入れるタイミングは、波が去った後の岸側に押し寄せる力のみ利用
  • そもそも波にのっていない

ターンの特徴

  • 波にあわせてレールを入れる
  • レールを入れるタイミングは、波のピーク地点の力を利用
  • 波にのっている

勘違いである理由その2

「ターン」をする場合の、波のパワーの感じ方受け取るときの波の圧力の感じ方が違うので、スピードランと同じように「ターン」すると次の現象が起きる

スピードランのままのターンで起きる現象

  1. 「ターン」をする際に、レールを入れ込む微調整が狂う
  2. 後ろ足が、しゃがみすぎてダサくなる
  3. 重要な「ターン」した後の動作で、波に吹き飛ばされる

私自身が思うところ、「ターン」ができない人の特徴の一つとして、スピードランとターンの違いのついて理解できていない為に、

スピードランをすればターンができるようになる」と勘違いして、思考停止して練習している人が多くいるからではないかと思います。

キレのある「ターン」ができない人の特徴

なんとなく「ターン」モドキは出来るが、なにか変だ。

そんな人たちに挙げられるのが

  1. 波に到達する速度が遅い
  2. パワーを生かしたレールワークができていない
  3. 体の取り回しが、極端にできていない
  4. 「ターン」を足だけでできる、と勘違いしている

どこの海でも見かける、「ターン」をしているつもりが、波に当て込んでいるだけの自慰ターンをしている人が多く見受けられます。

「キレのあるターン」をするのに必要ことは、前提として確実にターンができる人であることです。

「ターン」は自転車と同じで、感覚を覚えてしまえば忘れる事はなく、そこから派生して様々な応用ターンをするものです。

効率よく上達したいのであれば、大技や「格好いいターン」を練習するまえに、ノーマルな練習をすることが重要です。

格好悪いターンにありがちな特徴

波の力を利用したターンできていないか、フォームが悪いのどちらかです。

ありがちな特徴としては、上項で挙げたように後ろ足が極端にしゃがみこんでいる状態を維持している場合です。

これは、女性の「ターン」によく見受けられる特徴で、「ターン」した後の、力の抜きどころがわからずに、一定の姿勢をキープした状態のままになっている状態です。

一定の姿勢をキープするのではなく、あるポイントで力を抜き、波の力を利用することで初めて波に乗った気持ちの良い感覚が得られます。

これらの勘違いポイント、もしくは気づけていない点を直せばすぐにプロ級の「ターン」をすることができるようになると思います


次回は、具体的な直し方、意識するべきポイントなどを詳しく解説していきます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。