はやく日焼けを直す5つの方法 応急処置

日焼けをしてしまった場合の対処法

 

夏になり、紫外線がより一層強くなりました。日焼け止めを忘れてしまって日焼けをしてしまった。また日焼け止めを塗っていたにも関わらず、激しい運動のためにすぐ落ちてしまい日焼けしてしまった

「すこしでも肌をもとの色に戻したい・・・」

「はやく日焼けを解消したい・・・」

こんな人のために、日焼けの色をすぐに色を戻す応急処置を紹介します。

日焼けをする人には2つの種類があります

1、すぐに肌が黒くなる場合

もともと、肌が弱い人は紫外線の影響を強くうける為に、すぐに肌が黒くなってしまいます。(メラニン色素を作り出して、皮膚の内部に紫外線が浸入するのを防ぐ為)

2、黒くならず肌が赤くなる場合

メラニン色素を作り出せる量が少ない為に、紫外線の抵抗力が少なく、皮膚が赤くなるだけであまり黒くならない。(皮膚がんの発生率が高く、白人におおい)

日焼け後の対処法

 


①すぐに日焼けした部分を冷やす

.jpg

日焼けをしている状態は、皮膚に熱をもっており、軽いやけど状態です。

ここで注意が必要なのは、「冷やしすぎない」ことです。

冷やしすぎると、血行が悪くなるので冷やしすぎないぬるい温度のシャワーを浴びるようにしましょう。

肌に刺激を与えすぎないように、圧が弱めのぬるい温度で冷やしましょう。


②肌を保湿する

日焼け後の肌は、軽い脱水状態になっています。

日焼けがひどく、肌が痛む場合は、「美白化粧品」は控えましょう。

刺激が強すぎる為、肌によくない影響を与える場合があります。


③ビタミンを補給して肌の再生を早める

びたみんんんんんんn.jpg

(1)ビタミンCの効果

  1. 活性酵素の発生を抑制する
  2. メラニン色素の発生を抑える
  3. コラーゲンの生成

日焼けの原因である、活性酵素、メラニン色素の発生を抑える効果があるビタミンCを摂取しましょう。

注意が必要!!
ビタミンCの中には、ソラレンという成分が入っている場合があり、主に柑橘系の果物に含まれています。
ソラレンは、シミを作りやすくしてしまうので、気を付けましょう

(2)ビタミンEの効果

  1. 抗酸化作用
  2. メラニンの沈着抑制
  3. 抗炎症作用
  4. 紫外線抑制効果

ビタミンEは、ビタミンCの吸収を助けるとともに、日焼けの予防にもなります。

サプリや食べ物で摂取するもよし、肌に直接ぬるもよし。

肌に直接ビタミンEを塗る場合

ビタミンEの含まれた、保湿クリームを利用すると良いでしょう。

肌に塗るのが一番効果的らしく、ビタミンEのサプリを割って、肌に直接ぬるのも効果的だそうです。

【ビタミンCが多く含まれる食材】
アセロラ、ピーマン、ブロッコリー、レモン、かぶ、カリフラワー、とうみょう、キウイ、キャベツ類、モロヘイヤ、イチゴ、抹茶、さやえんどう、大根(生)、グレープフルーツ、キンカン、カイワレ、大根(漬物)、菜花、じゃがいも、こまつな、ライチ、さつまいも
【ビタミンEが多く含まる食材】
アーモンド、ドライトマト、ヘーゼルナッツ、マーガリン、マヨネーズ、抹茶、アーモンドチョコレート、ひまわり油、サフラワー油、トウモロコシ油、鮎、アンコウ、とうがらし、玉露

 

そのほかにも、ビタミンB2、ビタミンB3、ビタミンA等の皮膚の回復効果があるものを摂取すると、良いでしょう。

 


④とにかく睡眠をとる

.jpg

日焼けによってダメージを受けた肌が、再生するのは夜寝ている時間です。

成長ホルモンによって、肌の代謝が高まり、その影響でビタミン等の栄養素も吸収されやすくなります。

日焼けの黒い肌をはやく元に戻したい場合は、栄養をとり、すこしでも睡眠時間を設けましょう。


⑤角質ケア(スクラブ)をする

角質ケアを行い、表皮に放出されているメラニンを洗い流します。

表皮に放出されているメラニンはシミの原因にもなるため、大事なアフターケアですが、日焼けによる、炎症が落ち着いてから、にしましょう。

角質ケアは、すくなからず肌へのダメージがあるので肌の弱い人はやめておきましょう。また、最低でも週1回程度にするなど、やりすぎには注意が必要です。


まとめ

とにかく日焼けした肌を、すぐに元の状態に戻したい場合

  1. 冷やしてクールダウン
  2. 保湿する
  3. ビタミンCとビタミンEを摂取
  4. とにかく睡眠をとる

この4つの項目であれば、いつでも出来る項目です。

はやく日焼けを直すために、これらをすぐに実行することをおススメします。

海での日焼け対策グッズ紹介

おすすめスキムボード!!初心者セット 商品紹介

 

 

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。