【速報】NEWタイプのスキムボードが発売!?スタイル重視のモデル

RoosterTail Skimboards モデル「Goatee」

4月29日にフェイスブックで発表された、RoosterTail Skimboards モデル「Goatee」
オルタナティブボードと分類されるらしく、個性重視のスタイルボードだ。

2018-05-08 11.42.34

60RRRRRRHHwww.png

今までとは違うスタイル重視のスキムボードが発売されたようだね

333.png

スキムボードのテール(後ろ)が魚の尾びれような形になっているようだ。この意味はあるのか?

60RRRRRRHHwww.png

フィッシュテールにすることで、スキムボード自体が短く仕上がっている。短いスキムボードは操作性に優れるという利点がある。このボードは短くした分を浮力に回しているようだね。

333.png

つまり、浮力と操作性重視ということかな?

60RRRRRRHHwww.png

そのとおりだね。その代わり短い分、乗り込みや取り回しの難易度は多少あがるかもしれない。

333.png

なるほど。乗った感想は?

60RRRRRRHHwww.png

フィッシュテールをバカにしていたけれど、短くても浮力があるから思ったより乗りやすくてビックリしたよ。おもったより癖が無いようだね

333.png

ふむふむ。オールテーパーとテールロッカーのバランスがいいんだね。

実際にスキムボードを見て乗った感想

2f716a29ebe4db324ab987f1cb39054e

発案者ライダーの画像を引用

発案者の紹介記事を見てみると、ほぼほぼ意図は理解できているようで安心・・

  • テール形状はスワローテール(フィシュテール)
    テールに浮力を持たせつつ、適度に水が抜けるよう考えられています。
  • ボードサイズは129cmのワンサイズ
    少し小さく感じますが、ピンテールに比べてテールがワイドなので高浮力です。
  • 全体的にワイドなシェイプでレールはノーズ、テール共にテーパー
    これにより浮力と操作性の高さを両立しています。

発案者の紹介記事によると、129㎝とサイズが一定であるらしくややデメリット

これによって、スキムボードの自身の身長・体重でスタイルが少し異ってくるでしょう

  1. 体重が50キロ~65キロ未満の場合
  2. 体重がそれ以上の場合
  3. 身長が低い場合
  4. 身長が高い場合

【1】普通に乗ればよいサイズ感となっているでしょう。

【2】浮力がある為、サイズ感が小さくてもワイドさがカバーしてくれますが乗り込み等は丁寧に行う必要があります。

【3】普通に乗ればよいサイズ感となっているでしょう。

【4】サイズが小さい為、操作性が高くなります。通常であれば、技術が乏しい人はボードの取り回しが非常に難しくなるサイズ感です。

この板の特性上、浮力がありワイドなのである程度はカバーしてくれます。

一貫していえる事は、ワイドさに対してサイズ感が小さめな設定のため、それぞれのスタンスによって違いが生まれる事が想像できます。

高身長でスタンスが広い場合は、少し難しいかもしれません。

このスキムボードのメリットとは?

一番のよさは、スタイルでしょう。

このスキムボードは、スタイルを出しつつ、ウェーブライディングに優れているいます

これは、テールロッカーとフルテーパ―バランス上可能になっていることです。

この良さを生かしたライディングをしたい場合

操作性と浮力重視ということは、とにかく取り回しが容易であることを意味します。

  1. より遠くの波を狙う
  2. サイドウェイに優れる
  3. 波に到達した際の軌道修正
  4. クイックな迫力系ターン
  5. ターン後の取り回し(アップスーン)
  6. エアー等のトリック

個人的な見解として、サイドウェイ重視の場合は硬さがあるほうが、より伸びが出るためカーボンを選択。

パンピング重視の場合は、しなりを最大限に生かすために、Sグラスを選択するのが良い選択だと思います。

このスキムボードの詳細スペック

RoosterTail Skimboards モデル「Goatee」

  • 129cm
  • フルカーボン
  • オールテーパー
  • テールロッカー5mm
  • 全体的にワイドなシェイプ

Sグラスモデル ¥74520(税込)
カーボンモデル ¥89640(税込)

【参考記事はこちら】

フィッシュテール(スワローテール)の利点

新モデル「Goatee」詳細スペック

後初的にアメリカでも似たモデルが登場?

このスキムボードは、日本で発売されたモデルとは少し違い、通常のスキムボードのフェイスラインをフィッシュテールにしたモデルになっている印象です。

スキムボードの下半分を占める割合が大きいことから察するに、ロングライディングに向いており、サーフィンのようなライディングが可能となっていると推察されます。

このスキムボードを使用したスカーフィンなども面白そうです。

こちらのボードと比較してみても面白いですね

近々オンラインショップも公開?

どうやら、店頭販売だけでなくオンラインショップでの販売も開始されるそうで、こうご期待と言ったところです。

購入を検討の場合

販売管理者のフェイスブックはこちら

上記のフェイスブックに連絡して予約

またこちらのブログにコメント、もしくは(zero2000blogger@yahoo.co.jp)こちらに連絡承ります。

※当ブログはこの商品の管理者ではないため、フェイスブック等で直接連絡を取るのが一番はやい手段と思われます。

おしらせ

紹介してほしいスキムボードがありましたら当ブログで承りますが、評価の操作は一切いたしません。

スキムボード以外の商品紹介も可能ですが、使っていない商品の評価はしかねますのでご了承ください

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。