【実録】アメリカでスキムボード !!日本とは違うのか?閲覧注意画像も

アメリカと日本のロケーションの違い

20160316-144236-IMG_0258

アメリカはとにかくスケールが大きい

これに尽きます。

波のスケールもまた段違い!!

サーフィンやスキムボードを生活の一部に取り入れる点においては、日本も海に広く面している為、一概にどちらが良いという事はありません。

スキムボードをする場合

スキムボードをするなら、間違いなくアメリカ西海岸がよさそうです。

波のサイズ、パワーは日本とは段違いで、西海岸メインでスキムボードをしている人々は格段に日本人より技術が高いでしょう。

ハワイ

20160317-132313-IMG_0302

スキムボードにおいては、ハワイは波のサイズは大きいものの、ショアブレイクという点においてはアメリカ西海岸と比較すると、サイズやパワーが平均的に劣っています。

パワフルな波を求めてポイントに行く場合は、ローカルな場所へ行く必要があるので注意が必要です。

▽前半が西海岸、後半がハワイの動画が公開されています。

サーフィンにおいては、ポイントが数おおく存在し、ポイントブレイクが多い印象。

また、そのポイントは浜から遠い沖にある場合が多く、波はイージーウェーブだがたどり着くまでのパドリングが大変なため、素人泣かせです。

ある程度のパドル力とポイントブレイクの場所を見極める力は最低限必要になるでしょう。

アメリカ西海岸

20160521-232621-IMG_0851

さすがはスキムボードの聖地といったところ

どこもかしこも、スキムボード向きのポイントが多く、どこにいっても楽しめます。

日本と比較すると、波の面の硬さ、波の分厚さ、波のパワー、なにもかもが違い、日本の波に慣れている場合は非常に難しく感じます

ハワイと比較すると、やはり広いだけあってポイントを回るのにかなりの時間を要します。

20160518-142844-IMG_0797

20160519-073605-IMG_0826

20160519-145403-IMG_0832

私が、アメリカに行った際は非常に難しい波で、コテンパンにやられました。

次回は、乗りこなしたいですね。

その日の波の動画がアップされているようです

この動画で登場する、謎の浮き輪3人組はまさかの隣のホテルの部屋でした。

クレイジーな人がおおいのがアメリカです


【紹介】

ハワイやアメリカ西海岸のポイントの詳細はこちらのブログで詳しく書かれています

アメリカのスキムポイント紹介


そしてコテンパンにやられたうえに、あわや大けがをして大惨事にも・・・

そのときの画像がこちら

 

 

 

【閲覧注意】

 

 

 

20160522-072343-IMG_0876

海外で怪我をしたときの保険に入っていなかった為、病院には行けずにとにかく傷口をテープで固定して、応急処置。

日本に帰るまで我慢する羽目に・・・

日本に帰国してすぐに、病院で手当てをしてもらいました

20160524-034602-IMG_0905

ボードがアキレス腱部分にスコーン!!となった結果です

残念な結果で終わったアメリカ

やはり日本とは一味も二味もちがうアメリカの波

この波を乗りこなすには、日々の練習と、慣れが必要だと感じました。

最終日のロサンゼルスで足を引きずりながら、観光をした悔しい思いを糧に練習に励もうと思います。

20160523-152306-IMG_0891

20160522-205300-IMG_0885

【初心者が知っておくべきこと】

・始める前によんでおこう

スキムボードとは 始め方や準備すべきものを解説【初心者必見】

・よくある質問はこちら

スキムボードに関するQ&A よくある質問に回答していく

・始める前に必要な道具の紹介

おすすめスキムボード!!初心者セット 商品紹介

【いままでの経験から学んだ知識】

・ターンをする方法

「ターン」をする上で重要なコツ。具体的に解説して停滞期を乗り越える

・チューブライディングの方法

「スキムボード」 波の見方・アプローチからチューブライディングまでの流れ

・トリックの方法

「エアリアル」のコツとやり方について 実は〇〇を意識すれば誰でも飛べる?

【おススメの動画紹介】

【凄技】スキムボードのYouTubeおすすめ動画紹介!!

 

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。