サーフィンの始め方・やり方 初心者が準備するべきものを解説!!

サーフィンの始め方

サーフィンをやってみたいけど、始め方が分からない。やってみたいけどどのように始めたらいいか分からない

挑戦したいのに始め方を教えてくれる人がいない。

身近に『サーフィン』をやっている人がいないと、何から始めていいか分からない、何を準備していいか分からない、

そんな疑問を解決します!!

用意するのはたったの6点

 

サーフィンを始める前に準備するもの

サーフィンは自身の体を使って、楽しむスポーツです。サーフボードさえあれば出来ますが、準備しておくべき物・揃えておくべきものを紹介します。

  1. 海水パンツ
  2. アンダーパンツ
  3. サンダル
  4. バスタオル
  5. サーフボード
  6. サーフボードに必要なすべり止め(ワックス・リーシュ)

他にもあったほうが良いアイテムを知りたい方はこちら!

おすすめスキムボード!!初心者セット 商品紹介

(1)〜(4)までのアイテムは海に入る時には誰もが持っていくアイテムです。アンダーパンツに関しては、パンツの替えを持っていけば代用可能です。

あああああああ.jpg

長時間する場合は、海水パンツによる股擦れを起こし、擦れた箇所がヒリヒリする場合があります。ワセリン等で対応すると良いでしょう。

ワセリンはコレ↓↓↓

冬の場合はこちらを参考にしてください

ウエットスーツ 値段と季節を詳しく解説!!その季節にあったもの選びを!

(5)一番肝心なサーフボードはどうしたらよいのか
 gahag-0098218309-1

インターネットにてオンラインで販売しているサイトが数多くあるので、そちらで購入しましょう

また、発注してから時間がかかる場合があるので、夏に気がついてからでは遅かった、なんて事がないように、早めに注文しておきましょう

お金がない場合

サーフボードはヤフーオークション等で中古で安く購入することが出来ます。

またレンタルショップが海の近くにあるか確認しておくことで、安い値段でレンタルすることが出来ます。

レンタル費用は平均的には2000円~4000円程度です。

(6) サーフボードに塗る、滑り止めの役割を果たすアイテムです。こちらは、デッキパットと併用することで、さらに滑り止めの役割が強化され、非常に乗りやすく、安定するといえます。

サーフィン用のワックスはこれ↓↓↓

サーフィンのリーシュコードZくぁあああああ

サーフィンをする上で、リーシュコードの着用は必須項目です。

サーフボードが自分の体から離れて、飛んでいかないように足に固定する道具です。

レンタルする場合は、サーフボードについている場合がほどんどなので心配する必要は無いと思いますが、自分でサーフボードを購入する場合は、こちらも購入必須となります。

始める前に確認しておくべきルール事項

どんなスポーツにもルールやマナーが存在します。スノーボードやスケートボード等でも同じことが言えるように、ルールやマナーを違反してしまうと、重大な事故に繋がります

競技人口が増えた今、注意すべきは接触事故であるといえます。サーフィンはシニアからキッズまで幅広く親しまれています。

接触をして、訴訟事件に発展をしたり、死亡事故に繋がることは絶対に避けてください。又、ビーチを汚したり、他の人の邪魔になるような事はやめておきましょう。

ルールを確認する

サーフィンのやり方

サーフィンには様々な楽しみ方があり、一概にやり方がこうだと言うものはありません。

人それぞれの楽しみ方をすればいいのです。

どうしてもサーフィンが上手くなりたいという人は、自分の住んで居る地域に近い場所からショップを探して、スクールを受けるといいでしょう

サーフィンの技の名前

  • アップスダウン
  • リエントリー
  • カットバック
  • オフザリップ
  • フローター
  • カービング
  • エアリアル
  • ボトムターン
  • リッピング

挙げ出すとキリが無いほど技の種類がでてきます。動画などで見て練習してみるといいでしょう。自身がついてきたら、大会にでるという選択肢もあります。

大会にでれば、様々な人・コミニュティーに出会う事ができ、一気に楽しくなる事でしょう。

大会に出なくても、見に来るだけでも大きな刺激になります。夏になれば様々な大会が開催されます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。