ウエットスーツ 値段と季節を詳しく解説!!その季節にあったもの選びを!

ウエットスーツを季節ごとに使い分けよう!

ひとくちにウエットスーツと言っても沢山の種類があります。

種類ごとに、適正温度や季節が違っています。

また、種類ごとの値段にも大きく違いがあるので詳しく解説していきます。

ウエットスーツの分類と季節

.jpg

  • ベスト(すずしい夏の時期)
  • タッパー(寒い夏の時期)
  • ショートジョン(暖かい春や秋の時期)
  • ロングジョン(春や秋の時期)
  • シーガル(寒い春や秋の時期)
  • 長袖スプリング(暖かい冬の時期)
  • フルスーツ(冬の時期)

人によって、温度の感じ方が違う為、目安として参考にして下しさい

ウエットスーツの値段(安いもの基準)

  • ベスト(3000円~)
  • タッパー(4000円~)
  • ショートジョン(5000円~)
  • ロングジョン(8000円~)
  • シーガル(12000円~)
  • 長袖スプリング(12000円~)
  • フルスーツ(12000円~)

物の良さを選ばなかった場合は、中古でもっと安く手にはいります

生地の厚さ・作りによって値段が大きく変わる

生地の厚さは1.50mmや2.00mmや3.00mm や5.00mm

とにかく様々な厚さがあります。

生地が厚ければ寒さに強いですデメリット→動きにくい

個人的な使い分け

感覚的には、夏はタッパーと海水パンツ

3ミリのフルスーツで夏以外の時期

真冬だけ5ミリのフルスーツと使い分ければ年中いけます。

ウエットスーツの寿命はどのくらい?

ものによって、傷み方はさまざまですが、

購入してから、約7年たったウエットスーツをまだ使っています

私自身、ものの扱いはかなり雑ですが、これくらいの年月は軽くもちます(体形がかわらなければ)

ちゃんと手入れする場合

  1. 海から上がったら、すぐに水で塩水を洗い流す
  2. お湯は使用しない(接着剤が溶け出してしまう為)
  3. すぐに乾かす(自然乾燥)

以上のことを守りましょう

どうしても気になる場合は

このようにシャンプーが市販で売っています。

ウェットシャンプー&ソフナーセット UN アン WETSUIT fragrance フレグランス 500ml WASH CONDITIONER ウェットスーツ用ウエットスーツ用ドライスーツ用

よく間違えられるラッシュガード

ssssfrrvrvrrvrvv

タッパーと比較すると

  • ゴム素材の記事ではなくナイロン素材
  • 厚さが比較的、非常に薄い

タッパーは防寒用アイテムですが、ラッシュガードは日焼け防止アイテムです。

ラッシュガードが安いからと、買ってしまわないよう気を付けましょう。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。